ステルス戦術ゲー!「Partisans 1941」パルチザンズ 1941

SteamのゲームタイトルPartisans1941のアイキャッチ画像
partisans1941パルチサンズ1941のTOP画像

どうもどうも!ジョーンズゲームズです!今回紹介するのは、戦術を駆使してミッションを攻略する、ステルス戦術ゲームの「Partisans 1941」パルチザンズ 1941です。

発売日:2020年 10月15日

ジャンル:リアルタイムストラテジー

プラットフォーム:Steam

プレイ人数:1人

ストーリー

第二次世界大戦中の戦闘、レニングラード包囲戦(ソビエト連邦第2の都市レニングラードに対して900日間にも及んだナチスドイツの侵攻)が舞台となっていて、赤軍(ロシアおよびソビエト連邦の軍隊。)の指揮官アレクセイ・ゾーリンがドイツの収容所を脱獄するところから始まります。

ゾーリンは敵陣の背後に取り残された兵士や地元の住人を集め、ナチス・ドイツ占領地域における抵抗活動を行うパルチザン部隊を編成します。パルチザン部隊は小規模の妨害工作の任務から侵略軍の権力者への攻撃など、ゲリラ戦をドイツ軍に展開します。ゾーリン隊長率いるパルチザン部隊が裏方としてレニングラードの防衛軍をサポートし、戦いに勝利することを目指すストーリーとなっていて、このパルチザン部隊を主人公として、ゲームが展開していきます。

ゲームシステム

このゲームを簡単に説明するなら、アクション性を下げて戦術性を高めたメタルギアソリッドのようなゲームです。

攻略すべきエリアを俯瞰して見て、キャラクターはマウスカーソルで移動させます。WASDで画面を上下左右に動かし、QとEで画面を回転し、マウスホイールでズームします。現在はキーボードマウスが必須のゲームとなっています。

マウスで移動する場所、攻撃する敵を選択し、キーボードのショートカットキーで、スキルやリロード、キャラクター変更などを行います。

Mキーで戦術マップを開くと、エリアの味方の位置、ミッションの目標位置、また、敵の位置もすべて見ることができます。

partisans1941パルチサンズ1941の戦略マップの画像

このゲームは、チェスの駒が基盤に戦略的に置かれ、駒は決まった動きを繰り返す状態となっていて、プレイヤーはすべてを把握した状態から、さまざまな角度からアプローチし、ミッション達成を狙います。キャラクターのスキルを生かすのか、好戦的に行くのか、味方と固まって行くのか、一人を裏に回して挟み撃ちにするのか、どのような戦略でミッションを攻略するかはプレイヤー次第です。

partisans1941パルチサンズ1941のゲーム画面の画像
赤い人が敵兵 黄色い人が地元住民

操作するキャラクターは最大4人。エリアには敵のドイツ兵がいるので、茂みや障害物に隠れながら接近し、戦闘を行います。変装スキルを持つ「サネク」を利用して敵の不意をつくのもいいし、「フェティソフ」のマシンガンスキルを使って敵を一掃するのもいいでしょう。

戦闘

戦闘位置

戦闘は遮蔽物に隠れながら撃ち合うのが必須となっています。遮蔽物に隠れていないキャラ(敵も)は命中率が格段に上がってしまいますが、遮蔽物に隠れている時は、なかなか被弾しません。

Altキーを押すとハイライト状態になり、遮蔽物になる物、ならない物を分かるように表示されます。また、遮蔽物となる物にカーソルを近づけると、白い丸が表示されるので、クリックすると、キャラが遮蔽物に隠れるアクションが行われます。ちゃんと白い丸を選択しないと遮蔽物の横で棒立ちになってしまうので注意が必要です。

遮蔽物に隠れられているキャラの頭上に白い盾のマークが表示され、隠れられていな時には赤い盾のマークが表示されます。

ダブルクリックで移動箇所を選択するとキャラクターはダッシュします。戦闘中に走るとキャラクターの頭上に青い体力メーターが出て、メーターが無くなると走れなくなります。この青いメーターがスタミナになります。遮蔽物を探してあっちこっちに長い移動が続くとスタミナ切れを起こし、格好の的になってしまうので注意が必要です。

また、ハイライトでは敵の体力や敵兵の階級が表示され、階級の高い敵は視野が広いので見つかりやすく厄介です。

partisans1941パルチサンズ1941の遮蔽物を表示するハイライトの画像
銃の命中率

持っている銃の種類と相手との距離で命中率が決まります。ライフルは長距離、ピストルは中距離、ショットガン は短距離です。

命中率はカーソルを敵に合わせた時に敵の頭上に表示されます。(パーセントまたはマス円グラフ)敵も遮蔽物に隠れ、味方も遮蔽物に隠れている状態で命中率が低い場合だと、戦闘の長期化に繋がります。

パルチザン1941は銃弾を手に入れる事が大変で、いつもギリギリの状態なので、戦闘の長期化によって必要以上に銃弾を消費するのは一番避けたいところです。回復や負傷よりも銃弾の方が優先されるので、リスクを追ってでも移動し、敵に対する命中率を上げる必要があります。

partisans1941パルチサンズ1941の命中率の解説の画像
左が命中率が低く、遮蔽物にちゃんと隠れられてない(ショットガン を所持)。右が命中率が高く遮蔽物に隠れられている(ピストルを所持)
武器

銃は2つ持つことできます。キャラクターの習得できるスキルに合わせて得意な武器が各キャラクターにあるので、通常は決められた得意武器の2種類を持つことになります。しかし、得意武器が1種類のキャラ(サネクとヴァリャ)もいるので、もう一つの武器はプレイヤーの考える戦闘スタイルで好きなものを選べます。もちろん、スキルガン無視で武器を選択することも可能です。

そのほかにクイック使用枠として3つアイテム(グレネードや回復アイテム)を持つ事ができ、これはキーが割り振られていて戦闘中にすぐに使える物です。

また、バックパックがあり、バックパックのアイテムも戦闘中に使えますが、Iキーでイベントリを開いて、クイック使用枠に移動する必要があります。使用枠に移動しないと使うことはできません。

partisans1941パルチサンズ1941のゲーム内でイベントリの画像
負傷

戦いではダメージを受けると単に体力が削られるだけでなく、「負傷」という形でデバフ効果が付与されてしまいます。ミッション中に負傷した場合には、「麻酔薬」を使用すれば、ミッション中だけ負傷のデバフの効果を一時的に無効にする事ができます。 

partisans1941パルチサンズ1941の麻酔薬の画像と負傷アイコンの画像

1:脳損傷<<アビリティの使用不可。戦場での視認性の減少。

2:肉離れ<<移動速度の低下。スプリント不可。

3:脳震とう<<アビリティのクールタイムが増加。

4:腕切断<<命中率の低下。リロード時間の増加。

5:腎臓損傷<<命中率が低下。

6:内臓損傷<<射撃間の停止時間が増加。移動速度の低下・スタミナの減少。ステルスキルが不可能。

7:腕の骨折<<移動速度の低下。ステルスキルが不可能。ライフルとショットガン が使えなくなる。

蘇生

部隊は全滅したらゲームオーバーだが、仲間が生きている限り、体力がゼロになっても蘇生する事が可能です。瀕死の状態になったキャラの頭上に白十字のマークが出るので選択すれば蘇生アクションが行われます。かなり無防備な状態なので、リスキーです。また。蘇生したらすぐに損傷を麻酔薬でカバーする必要があります。

partisans1941パルチサンズ1941の蘇生のマークの画像
部隊の士気

「Partisans1941」では士気を高く維持する事が重要になります。士気には5段回あり、極めて低い・低い・通常・高い・最大士気となっていて、士気が低いとキャラクターは抑うつ状態となり、命中率の減少、アビリティのクールタイムが増加してしまいます。逆に、高いと命中率の増加とアビリティのクールタイムの減少に加え、より長い距離をスプリントできるようになります。

遮蔽物越しでの撃ち合いなら被弾する確率はかなり減るので、戦闘では命中率が物をいいます。また、銃弾も貴重なので、命中率の低下は部隊にとって致命傷になってしまいます。なので、キャンプ場での士気向上タスクを選択して士気を上げること、ミッション中のアイテム漁りでは、地元住民の所有物(赤く表示)を取ると士気が下がるので、アイテムは敵からのみ取ることを心がける必要があります。

partisans1941パルチサンズ1941の部隊の士気の画像

キャンプ

パルチザンのキャンプ場。ここを拠点にパルチザンは活動を行います。パルチザンのキャンプではキャンプ周辺で行えるタスクの割り当て作業を行います。

タスクは大きく3つに分けられ、キャンプで必要な建物を建てる「建築」、戦闘ミッションの「作戦」、パルチザンが飢えないための経済活動の「調達」があります。「建築」は一部の建物は特別な条件があったり、ストーリーを進行中に利用できるようなるものがあるため、初めはロックされているものもあります。

タスクを完了することで分隊の士気向上や割り当てたキャラクターに経験値獲得など、報酬を得る事ができます。キャラクターは複数のタスクはできず、1人にひとつです。

タスクの割り当てを行ったら、右下の砂時計のマークを選択すれば、選んだタスクが実行されます。ただ、食料の項目があり、一日が終わるごとに食料が減っていき、仲間が増えるたびに1日に消費される食料も増えます。食料が少ないと負傷項目に極度の消耗が追加されてしまうので、食料調達のタスクもやる必要があります。

キャンプでは「報告」の項目があり、完了したタスクやイベント、また前線からのニュースなどを確認する事ができます。

また「倉庫」の項目では持ち物がいっぱいになった際に、倉庫に移す事もできます。

partisans1941パルチサンズ1941のキャンプ場の画像
武器工廠

武器工廠を建築する事で、武器の強化が可能になり、強化には建築資材を使用します。強化項目はショットガンやサブマシンガンなど武器の種類によって多少異なりますが、武器のリロードの短縮、クリティカルダメージの発生率の増加、命中率の増加、ダメージの増加、射撃間のクールタイムの減少などがあります。武器は強化項目全てを強化できるわけではなく、強化できる数が決まっていて、ピストル、ショットガン サブマシンガンは2つ、ライフルは3つとなっているので、自分の好みの戦術に合わせて強化する必要があります。また、取り消しはできないので慎重に!

partisans1941パルチサンズ1941の武器工廠の画像
作業場

作業場では全回復ができる医療袋と麻酔薬、地雷、手榴弾を作る事ができます。ミッションで医療袋はなかなか手に入れる事ができないので、作業場で作る事がおすすめです。

partisans1941パルチサンズ1941の作業場の画像
医療

医療では戦闘で負った負傷を完治させる事ができます。麻酔薬ではミッション中に一時的な応急処置しかできないので、必ず医療で治しましょう。医療のタスクは1日にひとりだけとなっています。

partisans1941パルチサンズ1941の医療の画像

キャラクターと特殊スキル

キャラクターには固有の特殊スキルがあり、ミッション攻略には欠かせません。また、キャラクターの習得できるスキルによって、使用する武器(得意武器)も決まります。もちろん得意武器を使用しない選択も可能ですが、スキルに沿った武器編成が最大成果を発揮する部隊を創り上げます。

ゾーリン隊長
partisans1941の主人公ゾーリンの画像

アレクセイ・ユリエヴィッチ・ゾーリン

29歳ロシア人。カリーニン地区のヴェルホヴィノ村の農家に生まれる。現役の将校。大祖国戦争の勃発に伴って大佐に昇進し、彼の中隊は最前線に送られた。ゾーリンがナチスの収容所から脱獄するところからゲームの物語が始まる。このゲームの主人公的存在で、ミッションには常にゾーリンがいる。ナイフ戦闘に熟達。背後からナイフで敵を静かにキルするステルスキルを得意とする。特殊スキルは離れた場所からナイフを投げてステルスキルする「投げナイフ」とパルチザン部隊を鼓舞し、部隊の命中率、射撃速度、スタミナを増加させる「インスピレーション」。ゾーリンで敵の数を静かに減らぜば、撃ち合いの戦闘を有利に行う事ができます。得意武器はピストルとライフルとナイフ。

サネク
partisans1941パルチザンズ1941の登場人物のサネクの画像

アレクサンドル・イワノヴィッチ・グスミン

14歳ロシア人。現地住民。戦前は学生。奉仕活動などを行うソ連の共産主義少年団のピオネールのメンバー。両親をナチスに殺される。いつの日にか家族の敵を討ちたいと願っている。特殊スキルは、敵に敵だと気づかれることなく行動できる「変装」と遠距離からパチンコを放ち、敵兵をスタン状態にする「スリングショット」。ミッションエリアは広く何処にいてもエリア全体はカメラワークで確認できるが敵の位置を完全に認識する(画面に表示され動く状態)にはキャラクターが近づく必要があるが、サネクなら「変装」を使ってリスクなく敵の位置を確認できます。得意武器はショットガン 。

フェティソフ
partisans1941パルチサンズ1941の登場人物のフェティソフの画像

 ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・フェティソフ

24歳ロシア人。レニングラードの労働者の家で生まれる。十種競技の選手。大学生。開戦1週間でコムソール(共産党の青年団)の目に留まり、赤軍に入隊。ゾーリン大尉率いる中隊に配属された。特殊スキルは、フェティソフから伸びた円錐範囲内全員にサブマシンガンで一度に多くの敵を射撃する「ロングバースト」と射撃対象を強制的に遮蔽物に隠れさせる「制圧射撃」。遮蔽物に地雷を仕掛ければ、敵を誘導して地雷を踏ませる事ができます。得意武器は、サブマシンガンと重機関銃・固定武器とナイフ。

ベロゼロワ
partisans1941パルチサンズ1941の登場人物のベロゼロワの画像

オルガ・ミハイロフナ・ベロゼロワ

ロシア人27歳。陸軍大佐の父を持ち、モスクワ大学で法学を専攻し卒業。モスクワ民警の捜査官を務める。射撃スポーツの達人。父の前線移動を機に、赤軍に入隊する。特殊スキルは、周囲の狭い範囲にいる敵をピストルで3連撃ちする「ファンファイア」と選択した方向にローリングして敵の攻撃を全く命中させない「回避ロール」。得意武器はピストルとサブマシンガンとナイフ。

モロゾフ
partisans1941パルチサンズ1941の登場人物のモロゾフの画像

グレゴリー・ステファノヴィッチ・モロゾフ

ベラルーシ人33歳。問題を抱えた家庭で育ち、アルコール依存症を患い、幾件もの刑事事件で有罪判決を受けた。開戦時は地元の刑務所に服役していたが、ドイツ軍の空爆の隙をついて脱走した。特殊スキルは、口笛を吹き、敵の注意を引き、おびき寄せる「口笛」と敵に短距離からダッシュしてステルスキルする「リブナイフ」。得意武器は、サブマシンガンとショットガン とナイフ。ゾーリンと並んでナイフを使った近接戦闘に長けている。

ヴァリャ
partisans1941パルチサンズ1941の登場人物のヴァリャの画像

ヴァレンティナ・アリエヴァナ・ムカンベトヴァ

カザフ人21歳。ロシア人の父とカザフ人の母の間に生まれる。コムソモールのメンバーであり、医科大学の元学生。他の学生たちとともに看護婦して動員され、医務大隊に配属された。特殊スキルは、遠距離から狙いを定め、正確なヘッドショットで敵をキルする「エイムショット」と背後から忍び寄り、薬で敵を眠らせる「クロロホルム」。眠らせた敵は時間が経つと起きるので、寝てる間にトドメを刺す必要がある。得意武器はライフル。

トロフィム
partisans1941パルチサンズ1941の登場人物のトロフィムの画像

トロフィム・マトヴェイエヴィッチ・グリゴリエフ

ロシア人65歳。地元住民。先の世界大戦の退役軍人。人当たりが厳しく、孤独な熟練の狩人。ソビエト政府を信用していない。特殊スキルは、トロフィムから伸ばした円錐範囲内にいる全員にショットガン でダメージを与える「バックショット」と敵の気を引き、味方への攻撃を防ぐ「挑発」。得意武器はショットガン とサブマシガン。バックショットはかなり強力で人数不利を一発でカバーできる。

スキル

スキルはキャラクターによって習得できるものが違っていて、そのスキルによって戦闘ムーブが決まってきます。仲間になってすぐでも、スキルを見ればどんなキャラなのかは一目瞭然です。

ゾーリンのスキルを見てみましょう。partisans1941パルチサンズ1941のゾーリン隊長のスキルの画像

銃はピストルとライフルの命中率を上げるスキルが習得できます。銃撃戦では相手との距離を保って撃ち合う事がベストになります。

「近接戦闘」はレベル3まで上げる事ができます。近接戦闘はステルス中の移動速度やキル速度に関するものです。さらに、「力」も習得可能で、「力」は死体を運ぶ速度が上がるもので、ゾーリンは敵兵に気づかれずに素早く近づき、素早く静かに仕留め、他の敵兵に見つかる前に死体を茂みに隠す事ができるキャラだということがわかります。近接戦闘がないキャラクターにステルスキルさせるのはかなり無理があります。

次にトロフィムのスキルを見てみましょう。

partisans1941パルチサンズ1941の登場人物トロフィムのスキルの画像

銃はショットガンとサブマシンガンの命中率を上げるスキルが習得できます。サブマシンガンは射撃速度(射撃間のクールタイム)が一番早く、また、特殊スキルは「バックショット(範囲内の敵全員にダメージを与える)」となっていて、銃撃戦では、近距離で撃ち合うことがベストとなります。

戦闘中に負傷することが無くなる「鋼の肉体」のスキルと敵の気を引いて味方への攻撃を防ぐ「挑発」のスキルを習得できます。

トロフィムは前線で多くの敵と対峙することができ、味方の危機には敵の注意を引き、自分を犠牲にしてでも部隊を生かすことができます。が、近接戦闘やステルスムーブには向かないキャラだということがわかります。

キャラクターに戦闘ムーブに沿った操作をする事がミッション攻略のカギとなります!

セーブとタクティカルポーズ

このゲームはかなり細かくセーブできるところが特徴となっています。ミッション最中で、キャラクターが動作中でない場合と敵兵に見つかって警戒中になっていない場合にはいつでもセーブすることが可能です。また、F5キーでクイックセーブすることもできます。

「partisans1941」は戦術ゲームなので、ちょっとミスった!!って場合には、直ぐにロードしてやり直すことができるように設計されているのでストレスなくプレイすることができます。しかし、これはイージーモードとノーマルモードと時だけで、ハードモードではミッション中はセーブできない仕様になっています。

パルチザン1941はリアルタイムストラテジーゲームなので、戦闘が始まるとプレイヤーは止まることなく進行する状況に合わせて、最大4人のキャラクターに指示を出さなければなりません。

通常のスピードのままだと、全敵兵の動きを見ながら4人に指示を出すのは困難です。ゲームの臨場感が無くなるため一時停止の機能は無いですが、タクティカルポーズモード(スロー状態)があるので、時間が進行していくドキドキ感が削がれることなく、指示を出すことができるようになっています。

特別条件は無く、ミッション中にShiftキーを押せばタクティカルポーズモードになり、また、時間制限も無くスロー状態が維持されます。このタクティカルポーズモードは、通常では表示されない、キャラクターの移動の終了位置までを点線で示してくれるので、どのキャラクターがどこに向かおうとしているのかを確認することができます。

またShiftキーを押さなければ解除されることは無いので、戦闘前にF5でクイックセーブして、戦闘開始してタクティカルポーズモードで指示を出し行動結果を見て、また指示を出す。うまくいかなければ、クイックセーブした箇所をロードしてまたチャレンジ。というのがこのゲームのプレイスタイルとなります。

リアルタイムストラテジーゲームが苦手な方でも安心して楽しめるシステムとなっています。

いかがでしたか?この記事を最後まで読んでいただいた方はもうやりたくてうずうずしていると思います!実際に何十時間とプレイして最高に楽しいゲームで、自信を持っておすすめできるゲームになっています。ぜひ、プレイしてみてください!!!

他にも色々なゲームを紹介していますので、是非チェックしてみてください!

新しいゲームの出会いをあなたに!!

 画像は©Alter Games. All rights reserved.

おすすめ記事

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です